読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道中漂流記

将来の夢はそぞろ神

ピアノ演奏家のジャム氏について


f:id:zarathustran:20170428133901j:image
ジャム氏のアイコン

0.紹介

 ニコニコ動画でピアノ動画を投稿している者は数多いが、その中でもジャム氏は才人として際立っている。ジャム氏は東方音楽の演奏を主としているが、他にも伊福部昭の楽曲やペトリューシカ、ピアノソナタ第21番を弾いたりしており、どの曲も質が高い。ちなみに個人的には"優雅に咲かせ墨染の桜"が傑出しているように思う。

 

1.ジャム氏の演奏スタイル

 ジャム氏の演奏スタイルは極めて捉えやすい。他の演奏者がアレンジ調で東方などの曲を弾いている中、ジャム氏は意匠を凝らさず只管に原曲をコピーするように弾く。私は音楽に明るく無く、音符記号も皆目分からないが、どこぞのアレンジよりもその実直な演奏に惹かれたのだ。

 東方音楽は人力のピアノで弾かれることを想定していないらしく、それを原曲通りに弾くというのはほぼ不可能に近いらしい。東方ピアノ演奏にアレンジが多いのは、アレンジを加えることで不可能を避ける意味合いがあったようだ。しかし、ジャム氏の演奏はそれを避けずに猪の如く突進する。故に、ミスも多く散見される。(私はミスを拾えないので、その音楽知識の闕如が安易な評価に繋がっているのかも知れない)

 が、原曲に忠実であるスタイルの毅然たる様に比べれば、ミスの有無なぞは造作の無いことのように思われる。また、他との相違を挙げれば、彼の弾く旋律の背後には絶え間なく"デロデロ"が発生しているという点である。"デロデロ"は特有の音であり、リズム維持の役割を果たしているのだろうが、 私の中では分節化されていない音であり、一曲全体を通して非常に妖しい雰囲気を漂わせている。奥ゆかしいと言うべきか。それは、実直な、或いは愚直な演奏で無ければ出せないようである。

 

2.演奏を通して薄ら見える人間性

  ジャム氏の演奏からは一通りの人物像が浮かび上がる。つまり、実直または愚直でトリックを好まない性格であるが、決めつけるにはまだ早い。ジャム氏は原曲に忠実である傍ら、作曲活動も行っている。作曲活動とは無から有を生み出す事であり、いわばアレンジの極地である。その事実から、彼は実直、愚直な性格であるとは判別できない。単に、原曲に手を付けたくないだけかも知れない。

 しかし、実直、愚直というのも強ち間違ってはいないような気もする。あの、原曲忠実に演奏しきろうという執念の深さを見るに。

そういった面では、敬虔で不器用な性格であるだろう。手先はこれ以上に無いほど器用であるが。

 また、投稿頻度と投稿コメント、その内容を見ると、また別の一面が浮かび上がる。ジャム氏は東方音楽を主に投稿していたが、2012年半ばから其の気が薄らぎ、更に年を経る毎に投稿頻度自体も減少している。(最近に至っては急減とも言える。)

 ニコニコ動画で活動をし始めた当初は、東方音楽に身を埋めていた彼だが、視聴者の比較コメントや押し付けがましいリクエストといった傲慢不遜さに辟易し、離れていったのだろうと私は踏んでいる。それは勝手な思い込みで、単に活動拠点を変えたのかもしれないし、現実の環境が変化して投稿頻度を落とさざるを得なかっただけの可能性もある。何れにせよ根拠のない話である。

 ところで、ジャム氏の投稿コメントはというと、彼の実直な演奏スタイルとは乖離していて非常に愉快で無邪気な内容が多い。さながら子供のようである。そのギャップも妖しい雰囲気を醸し出す要因となっているだろう。これは、私に言わせてみれば、翁神が童の姿を借りて現れるといった、しばしば御伽噺に出てくる構図と似ている。他にも例があって、その道の達人が態と身分の低い者のなりをするのも同様である。(これを古語では"やつす"という。)

  つまり、ジャム氏は呑気な一面を持っており、利潤追求を好まない性格である。また自分の空間を作り出す事に長けており、押し付けられる事を兎角嫌うきらいもあると見える。なんだか、ぼのぼのみたいな人物像が浮かび上がってきた。決して馬鹿にしているのではない。才人によくあるパターンであり、コンテンツの始祖となる人間に多い。言わずもがな、ジャム氏は明らかに才人である。

 

3.結論

 
f:id:zarathustran:20170428130255j:image

はい。

 

4.後記

 嘗て一人だけジャム論を述べていた先駆者が居られたので、私も述べてみようという気になった。しかし、音楽知識の欠片も無かったので、ジャムという一ピアノ投稿者の人間像を浮かび上がらせてみようと思い、 記事にしてみた次第である。音楽知識を有すれば、評価も批評に変わるかも知れないが、やはり現時点での段階で才人をしっかりと評価するのは一種の使命であるように思われる。

 

先駆者の記事(無許可)

http://www.geocities.jp/milchschtrasse/nikoniko06.htm 

 

 

 

才ある人 1

 何に対しても、才ある人というものは飄々としている。私は、やたら熱い血が流れている人間を数多く目にしたが、その中の一人たりとも才能に優れた人を見たことがない。(勿論、私が知らないだけで、熱血でありながらその道の達人になった人も中にはいるだろうが。)

 熱い血を流すのは勝手だが、彼が熱意の余り視野狭窄になり、自らの熱で火傷を起こしているのは見るに耐えない。せめて熱を制御するだけの実力を持ってもらいたい。これが出来無ければ、いつまでたっても二流のままである。

 一方で、才ある人はいつも飄々としている。呑気だとか、気分屋に該当する性格が多い。また、少数だが神経質なのもいる。だが、いずれも冷血が流れていることは慥かである。そして皆どんな形であれ、現実を受け入れ、且つ動揺を見せない器量を持っている。否、外面では動揺しているように見えるかもしれないが、内面では驚くほど冷静である。例えば、死刑宣告の2時間前になっても、愉快に囲碁を差している人間や、それが正論で現実的ならば、子供の意見を元老院の意見よりも優越させるような人間がそうである。私は彼らを一流と呼ぶ。たとえ実力は三流並みであっても、相応しい態度を持っていれば、一流の道も近いというものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

随筆要綱

随筆要綱

 

  1. 昔に囚われるという事 
  2. 力について
  3. 嵐山での話
  4. 子供と大人の境界
  5. 独を楽しむという事
  6. 宗教と哲学の違い
  7. 保身と献身の間で
  8. 統治者とその資質について
  9. 鬼仏論
  10. 人との距離について
  11. 文学の評価について
  12. 人文軽視について
  13. 価値の源とは
  14. 「的」について
  15. 環境、境遇について
  16. 虚実論
  17. 陰翳について
  18. 疑を燈しておく事
  19. 競争の中で生きるという事
  20. 独占欲について
  21. 態度の話
  22. 史を軽んずる事
  23. 趣味の貴賤について
  24. 徳について
  25. 忠義について
  26. 時代の束縛について
  27. 企業の利潤追求と犠牲
  28. 飴と鞭の間で
  29. リスク逓減について
  30. 思想教育について
  31. 自己を自己から離す事
  32. 秩序と贄について
  33. 権利について
  34. 信条の押し付けについて
  35. 文化とは何か
  36. 慈愛について
  37. 自責の念と他責の念
  38. 文化資本の有無
  39. 師について
  40. 業について

随時、更新。

wcs2017構築  叩き台

 ダブルレートは最早さらも潜っていないエアプレイヤーだが、イッシュダブルを髣髴とさせる今回のwcsルールに懐かしさを思い出して構築を考えてみた。環境も大雑把にしか把握しておらず、考え込んだ時間も半日だけなので、誰かに見てもらえば幸いなレベル。

 

1.環境概観

 ダブルにもかかわらず、ガブリアスが使用率1位の座に君臨している。この事実だけでもwcs2017は何だか面白そうな気がする。また、2007年から準強キャラとして認識していたウインディが生き生きとしているのも特徴的である。私見で申し訳ないが、ウインディはどの世代のダブルでも環境初期だけ数多く見られ、後期になるとぼちぼち程度になるというようなポケモンであった。それが、3ヶ月経てども存在感を発揮し続け、かつ物理型

を主流にしているのは、このルールの柔軟性や多様性を無意識に語っている。それらを説明すると長くなるので省略。

 さて、このルールで最も私の気を引いたポケモンはカミツルギである。こんなポケモンは過去に類を見ず、動きにしても、種族値にしても、デザインにしても、まったく異形である。攻撃範囲がかなり狭く、dの種族値も頗る低く、ATKデオキシスとほぼ同等の耐久かそれより少し高いくらいである。以前、12月辺りに挙げたアローラ環境についての記事では、カミツルギを論外だとして取り上げなかったが、pglを見ると、なんと4位にいるではないか。これは猛省すべき事である。ポケモンにおいて、私は多少マシな審美眼を持っていたと考えていたが、腐りきっていたらしい。いや、異様な環境がそうさせたのか。

 兎にも角にも、気づけばすっかりカミツルギに魅了されていたのだ。というわけで、カミツルギを主軸に構築を組み立てた。

 

2.構築案

 

カミツルギ
f:id:zarathustran:20170209173454j:image

  • h4a164b4d124s212
  •  ブレード、見切り、剣舞、攻撃技a
  •  草Z
  • 陽気

 

ランターン

 
f:id:zarathustran:20170209173808j:image

  • h4b36d60c244s164
  • ボルチェン、10万、ハイドロ、冷ビー
  •  控えめ
  • スカーフ

 

ファイアロー 


f:id:zarathustran:20170209173817j:image

  •  as寄りの調整
  • 意地っ張り
  • 追い風、ブレバ、挑発、フレドラ
  • ひこうZ

 

ギガイアス 


f:id:zarathustran:20170209173826j:image

  • ha252
  •  勇敢
  • 岩雪崩、ヘビーボンバー、ワイガ、守
  • 弱点保険

 

ポリゴン2 


f:id:zarathustran:20170209173837j:image

  •  hb252
  • 図太い
  • 10万ボルト、冷ビーム、自己再生、トリル
  • きせき

 

カプ・テテフ 

f:id:zarathustran:20170209173850j:image

  • cs252
  • 控えめ
  • サイキネ、守る、ムンフォ、10万ボルト
  • エスパーZ或いは珠

 

3.個別解説

 

カミツルギ 

 本構築の要。熨斗。異形さ故に採用。一位のガブを一撃で倒すことができ、耐久に降ればスカーフガブリアスの炎の牙を食らっても生き残れる。ウインディ以外のランキング上位陣に強く、優秀な耐性により、降ればだいたい確2にできる。草Zリーフブレードで敵を倒しAアップを狙う。威嚇が何よりの難敵であり、攻撃力の維持が勝敗に直結するだろう。スマートホーンの採用率はpglを見るに99%らしいが、一回でもビーストブーストが発売すればリーフブレードで押せるのでそんな必須級のものだとは思えない。それほど低耐久のフェアリーや氷が相当多いのだろうか。それとも単に一致技だからなのだろうか。パーティによっては辻斬りでも聖なる剣でも入れておけばよい。sは同族意識を除けば、ウツロイド+1辺りで充分な気がする。aはガブリアスを草Zで落とせる程度に。倒せなかったらこの構築は意味を為さない。即破棄のレベルである。dは同族勝負を譲った相手方のキュウコンのダブルダメージ吹雪を耐える為に。

 また、コケコの珠10万やテテフのキネシス耐え。見事なラインである。種族値が全て素数であるカミツルギ君は2つの美しいラインを有することになるだろう。hbの4振りは、ガブの炎の牙を中低乱数耐えする為である。確定耐えのラインに辿り着くにはbに100振らなければならず、阿呆らしいので可能な限り抑える。カミツルギは有利な敵と不利な敵が他のどのポケモンよりもはっきりしているので、剣の舞を入れる余地はあると見える。相手の場に物理アタッカーしか居ないのであれば、すぐさま積みの起点に出来るだろう。また、簡単に縛られると思うので守るは必須となる。カミツルギは、パーティの要であり、基本的には犬死にの無いようにしなければならないが、必要時には初手からサッと斬ってお役御免のような動きも強いられる。何にしても実際に使ってみるのが一番であろう。百聞は一見に如かず。どうぞ使ってみて下されば。

 

ランターン

 電気連中、ウインディに強い駒でありカミツルギの筆頭サポーター。カプ・レヒレと悩んだ末にランターンを抜擢する。ランターンは私には、中堅ポケモンの最上位層というようなイメージが付き纏っていて、だいたい水ロトムの陰に隠れていたようなポケモンだと認識していた。机の上では強いが、実践となると何だか心細い。ウインディも私にしてみればこの枠であった。 しかし、このルールに限れば、充分な活躍が見込めるのではないかと感じている。なぜならwcsルールで流行っている雨、電気、ウインディに強い駒は現状

 ランターンだけだからである。やはり、机の上では物凄く強い。

 カミツルギのサポートと言えど、攻撃技を3つ揃えた戦闘系サポーターである。命中率に目を瞑れば最強格のハイドロポンプに、カミツルギが犬死にした時のガブリアス確殺冷凍ビーム、雨の輩を一網打尽にできる10万ボルトまで完備している。sのラインはスカーフ込みで最速95族を1抜く162に設定。これで、ペリッパーウインディを見る。また、ボルチェンでテテフから逃げられる。そして、ガラガラのシャドーボーンを耐えるまでbを上げる。dはどこかから拾ってきたが何の調整であるかは覚えていない。きっと素晴らしい調整なのだろう。

 

3.後書き

 残りの4体については、近いうちに上げる予定。無名の人間が半日かけて考えた只の構築であるが、我ながら悪くは無いと思う。いずれにせよ叩き台として提案したもので、完成形ではない。まぁ、気が向いたら使ってみてはいかが。いや、使わずとも誰かの構築案の嚆矢となれば。

 

  • お勧めの一冊

 吉本隆明 「共同幻想論


f:id:zarathustran:20170209221851j:image

 

 国家の始まりとは何か。政治の原始的形態とは如何なるものか。古事記遠野物語から紐解く国家という幻想。この本を精緻に読めば読むほど、左翼活動に熱中した当時の学生の真剣さと彼らの恐るべき文盲度合いに気づく筈である。しかしながら、コクリコ坂からに出てくるカルチェラタン塔は見ていて恥ずかしく、阿呆らしくもあったが、それと同時に熱い羨望の情も起こしたのであった。

 

 

千と千尋の神隠しを見る

 

 数学はもうちっとも分からぬ。社会に出てまで必要になるとはつゆも考えていなかった。数学なんぞは義務教育のうちに徹底的にやらせ、逃げ道など作るべきでは無いのだと、そう思った。ああそういえば先週、15年ぶりに見た映画、千と千尋の神隠しがなかなか面白かったので、今日はこの映画について書くことにしよう。

 

1.千と千尋の神隠しというタイトル

 千と千尋の神隠しは有名な映画であり、日本人なら誰でも知っていることだろう。因みに、英ではspirited awayというタイトルになっている。spiritedが一般動詞の過去なのか、それとも過去分詞なのかは分からぬが、いずれにせよ主語は隠されている。これが、主語を省略する日本語の癖を意識しているのは慥かのようである。一方で、日本語のタイトル

は言わずとしれた‘’千と千尋の神隠し‘’である。このタイトルも何か引っかかるものがある。千と千尋は同一人物であり、普通は分ける必要がないのだ。つまり、このタイトルは千と千尋が別々の人間であると暗に示している。だが、物語を通して見ても、別々の人格を見せるような描写は特に無い。千尋の名を取られ、千として湯屋の一員となり、幾多の苦難を乗り越えることで成長し、名を取り返して再び千尋に戻るという安易な説明は用意できるものの、腑に落ちない。タイトルの意味が分かるまで物語を良く見直さねばならない。

 

2.物語の原型

  千と千尋の神隠しの物語を一行で言えば、それは現代少女を主人公にした‘’貴種流離譚‘’である。

  貴種流離譚とは、民俗学者折口信夫が提唱したものである。以下、説明。

‘’説話の類型の一。若い神や貴人が、漂泊しながら試練を克服して、神となったり尊い地位を得たりするもの。‘’ 

          コトバンクより引用

 このコトバンクの説明は少し大雑把である。神や貴人がなぜ試練を受けるのかについての説明がすっぽり抜けているからだ。別のを引用してくるべきだった。つまり、神や貴人は何か地位が失墜するようなことをやらかしたのである。それ故に、試練を受ける羽目になるのである。

 千と千尋の神隠しはまさにこれに則っていると言える。貴種流離譚という旧来のパターンを踏襲しつつも、主人公を神や貴人ではなく、普通の少女としているところに工夫が見られる。溌剌としていて、落ち着きの無い10の少女を主人公とすることで、映画全体が動的となる。その一方で、偶に来る静的なシーンがその対比として映える。行きずりの電車に乗っている場面などがそうであろう。

 ところで、貴種流離譚は権威づけには王道の方法であった。なぜなら、自らが低俗な身となったことで被支配者の同情を誘い、苦を乗り越えてより高い地位を獲得することで、力で地位を築き上げたことを証明できるからである。古事記におけるスサノオ神武天皇の東征などに見られる。スサノオは八坂神社や氷川神社の祭神として有名だが、明治期の廃仏毀釈運動、神仏分離令の発令以前は八坂神社は牛頭天王が主神であったし、氷川神社といえばアラハバキであった。

 閑話休題千と千尋の神隠しは親の暴食のせいで働く羽目になり、そこで試練、おクサレ様の禊役を受け、また銭婆の印鑑を返しに行く。それらは、貴種流離譚そのものであったという話をした。

 千と千尋の神隠しはその他にも様々なモデルを借りている。今述べた神話もその一例である。この映画の物語がいかに古典や神話をよせ集めたものであるかは、文化人類学や宗教学、民俗学を修めた人間なら一目瞭然であろう。では、そのような人間がこの作品に惹き込まれてしまうのは何故か。それは、この作品が旧来の神話を用い、しかしそのまま完全な模倣で終わらせずに、ジブリなりのアレンジを加えるからである。この凝らされた技巧に気づいた時、改めてこの映画にいたく感銘するのである。 ヨモツヘグイや鬼神論、境界論等。就中、映画のラストシーンにおいてその技巧は最も分かりやすく表出されている。いわゆる‘’見るなの禁‘’という有名なモデルが用いられているのだ。

 見るなの禁は、禁室型とも呼ばれる神話の類例の一つであり、記紀の黄泉平坂のくだりや西欧で言えばオルフェウスの物語に代表される。その内容とは以下のとおりである。

 死んだ女を追いかけて男は彼岸に行き、女を此岸に戻そうとて、交渉する。その時、女側は一つだけ条件を設ける。それは、此岸似戻るまで決して振り返るな、という内容であり、いずれの神話も出口付近まで僅かのところで男は必ず後ろを振り返ってしまう。振り返ったとき、男が目にした女は、生前とは思えぬほどに醜い姿をしており、彼岸に閉じ込める。そして、永遠の離別をするのである。

 例外はあるものの、だいたいはこういう筋である。さて、千と千尋の神隠しのラストシーンといえばハクが千尋に此岸までの道案内をし、別れ際に‘’振り返ってはいけないよ‘’と言い聞かせたシーンが特徴的である。その後、千尋はどうしたか。千尋は道半ばで振り返りそうになるが、忠告を守り、振り返るのを辞めるのである。これは‘’見るなの禁‘’を踏襲しながらも、少しアレンジを加えていることを象徴している。振り返るのを辞めたとき、銭婆から貰った髪結びがきらりと光るのも心憎い演出である。

 

後記

 この記事もそうだが、説明部分には色を付けたりして、見やすくしたいものだ。AmebaブログやFC2では普通に出来るんじゃないかと常々思う。あと画像の引用元を書かねばならぬのが面倒でたまらない。はてなブログで一括してそこら辺の権利問題を考えずに済むようにしてくれないかと願う。実は、色つけも画像引用の無許可制も私が知らぬだけで、既に解決されているのかもしれない。白を切り続けよう。今回はもうこれ以上書く気がしないが、電車の客やカオナシの謎、境界については今度、気力があったら書くことにする。今回からおすすめの書籍を最後に紹介するコーナーを設けてみた。

 

おすすめの一冊

谷崎潤一郎 陰翳礼讃 

f:id:zarathustran:20170129160407j:image

http://cocoon-web.jugem.jp/?eid=30

引用元

 陰翳が人を覆い、部屋を覆う。人間は闇と共に生きてきたらしい。まぁ、闇がどういうぐあいになるか、試しに電燈を消してみることだ。

 

 

 

 

 

小噺

 ゐんふるえんざなので

 

 誰もがスマホを手にする時代、ソシャゲの流行は火を見るより明らかであるけれども、ネット上に転がっていた読み物もまた陽の光を浴びている。多くはまとめサイト等の記事を見、読み物を消化して時間潰しをしている。時事に対して議論コメントを書き込むこともあるだろう。読者はスレ民とは隔離されているが、まとめ民という議論仲間が一定数居るので、レスの延長戦ごっこができる。尤も、まとめでコメントを撃つ民など全体の1%くらいだろう。読み物を読むときは受け身の姿勢が基本なのだから。逐一返答などしていたら体力が持たない。

 ところで、まとめサイトは読者の関心に合わせて記事を拾っている。拾い先の2chも掲示板というシステムを取っている以上、皆の関心の集まるスレッドが盛り上がる。そして、どちらも構造が同じなので、盛り上がったスレッドを引っ張ればよい。盛り上がるスレッドとはどのようなものか。それは、時事、馬鹿話、ブーム関連、最後に板民に限り共通な話題である。

 例えば、懐古話や共通話題として古典をネタにする場合が多い。古典とは、今は教養の意味合いが強いが、本来は同コミュニティ内にいる自分と他人との共通コードである。歴史の中で変わらぬ特異なものを共通コードとするのは当然である。(分かりにくければ反対を考えて)

その中で古典、即ちコピペが浮かぶ。コピペは板民にとっての古典である。

 しかし、まとめ民はこの共通コードを共通コードとして認識できない。当たり前だ。

それ故に爆笑コピペや洒落怖などのスレが出てくると注釈なしでは居られない。が、一方で時事に慣れたまとめ民は更なる新鮮な暇つぶし材料を求めて共通コードの理解に励む。

まとめ民が能動に移り変わる瞬間である。

そうなれば、板民とまとめ民を分けた垣根としての古典はもうぼろぼろと崩落し、まとめ民の共通コードとして機能する日も来るかも知れない。

 

 

テッカグヤ 一考

 

 gtsで釣り上げた慎重テッカグヤの努力値配分を考える。雪降らし4vロコンと等価とは思えんのだが。

 

1.仮想敵

 主なテッカグヤの仮想敵。それも慎重となると、特殊水辺りとなるが、鋼飛行の耐性から考えると物理受けに徹する方が良いのは明確である。

 

1.ガブリアス

2.ミミッキュ

3.カプ・テテフ

4.ギルガルド、ゲンガー

 

このぐらいだろう。挑発持ちのギャラドスにはどうせ勝てんし、ポリゴン2にも勝てるとは思えない。また、特殊受けにとって電気を受けることは水受けと並ぶ優先事項だが、これも見送らざるを得ないだろう。ナットレイと異なり、不意の格闘や炎に怯える必要は無くなったが。

 

1.ガブリアス

 テッカグヤの役割はガブリアスの除去にある。他の2.3.4はただの飾り、水増しといっても過言ではない程に。後出しで鉢巻ガブに競り勝てるポケモンはそうそう居ない。テッカグヤは数少ないそのポケモンの一種である。

 

実数値 h204b128

陽気鉢巻逆鱗 〜41.1%

 

 これを前提として、宿り木と残飯で受けた場合、3ターンでの合計回復値が37.5%となる。以下、4ターン目の合計ダメージ値は

   82.2-37.5+41.1=85.8%

 

※  1ターン目 後出しして逆鱗喰らう 残飯

 2ターン目 宿り木 残飯

 3ターン目 守る  残飯

 

あ、残飯は3回か。計算ずれてた給た。合計回復量は43.25%だったのかぁ。

  85.8%-6.25%=79.55%が正値。

 

本当は85.8%から鮫肌のダメージの12.5%を加算しても98.3%であり、一回ヘビーボンバーを撃つことが出来るということを述べたかった。鮫肌のダメージも考慮内だということを述べたかった。のだがなぁ。

 

3,テテフ

 

h252d156 球持ちテテフの

     10万+サイコキネシス耐え

 

これは他からの引用。汎用性もある優秀な配分。ただ、控えめ球は上から殴られ易すぎるので、そんなに現実的ではないような。現実的ではないだけで、現実は分からんが。

 同様の配分で、タスキテテフのサイコキネシス+10万ボルト2回を宿り木残飯込みで余裕を持って耐える。

 

 結論 

h252b52d156

宿り木残飯ならば。

余りの6をSに、44をAに。

 

これも現実的であるだけで、現実はどうだか分からん。この一考も飛んだ検討違いかも知れぬ。