道中漂流記

将来の夢はそぞろ神

mark氏のパーティ構築 前編

wcs2015を見て、oras環境のダブル構築に行き詰まりを感じた今日この頃。ネット越しに映る、ガルーラ軸でモロバとランドをコロコロ動かすだけのパーティが溢れかえっているのを見て、唖然としていた。しかしながら皆が同じパーティを使うということは、すなわち、行動パターンも被っているということであり、
行動パターンからそれた動きで相手を翻弄するなどのプレイングが積極的に見られたので、思ったより面白かったような気もする。個人的にはマスター本選のtony氏vsドイツ人の試合が一番見応えがあったように感じて、試合内容についての持論をブログに書こうと思ったが、時間が掛かりそうなので機会があれば書くつもりでいる。今回はプレイングよりも構築メタを徹底させたシニア優勝者のmark坊の構築について書くとする。
彼のポケモン努力値配分は分からないため、予想で書かざるを得ないがその他は公式によって開示されている。

リザードンY 控えめ @メガ石
f:id:zarathustran:20150830122102j:plain
熱風、ソラビ、火炎放射、守る

クレセリア 生意気 @メンハ
f:id:zarathustran:20150830122138j:plain
毒々、トリル、スキスワ、冷凍ビーム

ヒードラン 控えめ @シュカ
f:id:zarathustran:20150830122153j:plain
オバヒ、熱風、大地、守る

カイリキー 意地っ張り @オボン
f:id:zarathustran:20150830122206j:plain
爆裂パンチ、叩き、石刃、ワイガ

ランドロス 意地っ張り @チョッキ
f:id:zarathustran:20150830122213j:plain
地震、とんぼ返り、馬鹿力、いわなだれ

ニンフィア 冷静 @妖精プレート
f:id:zarathustran:20150830122329j:plain
ハイボ、ムンフォ、シャドボ、守る

〈概要〉

まず、このパーティは軸にリザYを置いていて、高火力全体技で相手の負担をかけることに徹している。パーティの基本的な組み立てについても炎+フェアリー(攻撃面ではドランや炎枠、一部の水タイプを除けば半減以上で通るタイプの組み合わせ)を採用しており、構成の原型は至って単純なものである。なお、パーティの全体技攻撃エースに火炎放射やムーンフォースを入れているのはワイドガードでの阻害を避けるためである。

〈単体考察〉

リザードンY
言うまでもなくパーティの軸であり、このパーティにおけるこいつの採用率は非常に高いと考えられる。このパーティは純正に近いトリックルームパーティであるが、此方はモロバレルの採用を見送っており、普通ならばモロバレルに任せている岩や水を弾くためにソラビが入ってきているのだと考えられる。しかし、一般的なガルスタンへのメタ要素が非常に強いこのパーティとしてはソラビよりも目覚めるパワー地面のほうが敵のドランに対して優位に動けると思うのだが、目覚めるパワー地面にすると一気に雨パーティに弱くなってしまうので、やはりソラビのが良いと判断したのだろう。また、このパーティのリザードンは、素でランドロスの雪崩を、そして晴れ下でs122ルンパを抜けるようにし、晴れ熱風+クレセ冷bでhbオボンボルトを倒す調整が一番動かし安い気がする。

クレセリア
サイコキネシスを持たないクレセリア
wcsにおいてもあまりおらず、5世代後期のようなサイコキネシス抜きのめざ炎冷凍ビーム搭載クレセリア以降ひさしぶりに見た気がする。しかしながらクレセリアに求められることはランドとドラゴンの処理であるため、冷凍ビームだけというのもありかもしれない。また、性格が生意気なのは、メガガルーラが蔓延る現環境を考えると少し環境を錯誤しているように見えるが、メガゲンガーに仕事をされるのが余程嫌だったのだろうし、いくら物理偏重環境といえども後ろからランドロスを投げれば仕事は十分に遂行出来ると判断してのことだろう。そしてスキルスワップはこのパーティの隠し味であり、特性依存症を患ったポケモンから薬抜きをするのだが、この技がこのパーティにおいて真価を発揮するのはメガガルーラでもハイボマンでもなく、ヒードランである。リザクレセ選出のときに涼しい顔して出てきたヒードランから貰い火を奪い取り、縛りを逆さにするという技巧を凝らした匠である。実を言うとこの技巧は3年前だか2年前のwcsの決勝で使われたものの応用であった。私自身もガルスタンよりも此方のがwcsらしくて好きである。最後に、毒々については書くことが無いので省略。

ヒードラン
リザードンの恩恵を受け、晴れを味方にしての熱風は、リザードンよりは火力が不足しているものの、かなりの火力である。リザードンヒードランはタイプが被っていて、相性が良くないように思えるが横並びさせることは殆どなく、晴れていて水が等倍扱いになるため、エースが二枚に増えることと天秤に掛ければメリット分のが遥かに重たい。また、全体的にニンフィアを凄く意識しているため、ラスターカノンを抜いても無問題である。問題なのはむしろ対ドラン性能を上げることを目的として持たせているシュカのみにあると考える。シュカをドランに持たせる場合は、sを多く割いているドランか最遅ドランだと相場が決まっている。今流行りのガルスタンはランドロスをコロコロ動かして、モロバレルヒードランをいかに上手く扱えるかが勝負の境目となるので、ドランやランドロスは相似した相手のパーティのドランを潰して、モロバレルの縛りを解除することがとりわけ重要になってくる。そのため、現環境のドランはシュカを持つことがほぼ必須であり、この控えめドランというのは遅くも速くもないため、相手のドランがシュカを持っていた場合、行動回数の面において不利である。これはまずい。

残りの3匹については後編で考察する。