道中漂流記

将来の夢はそぞろ神

5世代積み構築における高度な論理性

f:id:zarathustran:20150927193039j:plain
f:id:zarathustran:20150927193101j:plain

久しぶりの記事

のんのんびよりが終わって放心状態だったからしゃーない(当然の理)


題:5世代シングルにおける積み構築の高 度な論理性をダブルに応用してみる。

1. 5世代の遺産 ウルガパル構築

4世代に構築論理が隆盛を極めたダブルとは異なり、シングルバトルの構築論理は5世代がずば抜けて優れていたと考える。とりわけ、5世代後期に流行したウルガパル構築に私は感銘を受けたので、ダブルの視点からウルガパル構築を語るとする。

2. ウルガパル構築に仕組まれたカラクリの全容

ウルガパルと聞くと、まず第一に岩に対する脆弱性から、この構築は欠陥だと殆どの人が考えるだろう。サザンガルドのような綺麗な相性補完が整っている訳でなし、カバリザやラグマンダのような起点構築でもない。選ばれた3体のうち積みエースに2体も割くのである。シングルに疎い人でもこれが典型的な構築論理からかなりそれていると分かるだろう。
またこの構築の先発はウルガパルのどちらでもなく、対面性能が高いポケモンなら誰でも良い。これはタイプ相性の面から構築を組む人(書き手含め大多数)や役割分担主義者にはまず浮かんでこないものであり、異彩を放っている。あえて言えば、起点作り役が一体目なのだが、耐久に割かず、欠伸もステロも撃たない起点作りなど滅多に見ないだろう。そしてなにより、ガブリアスを起点に出来るのがこの構築の味噌であるだろう。
次にこの構築の主なコンセプトを下に書くとする。積み構築だけあって実に単純明快である。

試合開始 

ウルガはラム、パルは印と定義

1.対面性能の高いポケモン(ここではメガルーラ)を一体目に出す。んで、殴る。

択発生

1’. 相手の初手が“物理受け”であった場合
2. それ以外

1の場合は物理受けであった場合は即引きでウルガモスに交替して蝶の舞、空元気ガルーラなら居座って突破→勝ち

2の場合は、ガルーラで相手の裏から物理受けを引きずり出す。→1の手順へ

また相手の一体目が高速アタッカーであり、且つ物理受けが居ない時

→相手は初手でガルーラを削り
 死に出しでガルーラを殺そうとする。
 このとき、相手の初手と2体目から
 3体目を割り出す(ここ重要)
 
ウルガパルで三体目を倒せないと判断したら、ガルーラを温存しておく。
       ↓
3、相手の2体目が物理アタッカー
4、特殊アタッカー

3ならば、パルシェンで殻破り
4ならば、ウルガモスで蝶の舞

→勝利

実に単純明快である。ウルガモスパルシェンに比べると突破性能が低いので、パルシェンで殻破り→氷柱が一番無難な勝ち方である。なお、この構築のウルガモスパルシェンの技は

蛾 蝶の舞、炎技、ギガドレ、めざ岩
殻 殻破り、氷柱、ロクブラ、つぶて

蛾はラムでパルシェンは印が殆どである。ウルガモスにさざめきを入れないでギガドレインを入れるのは蝶舞後のギガドレインで水ロトムスイクンといった耐久寄りの必須水枠をカモに出来るからである。炎タイプが水タイプを起点にできるのだ。但し、後だしはかなり危険なため、なるべく辞めておくべし。また、パルシェンも時代に対応した技構成となっている。5世代の時はめざ草(対ロトム)やドロポンの採用率が高かったが現在では連続技強化により物理一本となっている。その上、印パルシェンは相手を41%の確率で怯ませられるので負け試合を4割でひっくり返すという最終奥義もある。優れた論理に加え運も味方に出来る素晴らしい構築であるが、苦手な相手もいる。特殊でなおかつウルガモスの耐久では起点に出来ない奴や、パルシェンを物理で確1に持っていくポケモンである。具体的に言えば、バシャーやc振りの水タイプである。また、ラム持ちという保険は有るものの、状態異常に薄い。これらの不安要素を一体目に全て捌いてもらうのは不可能である。このように数値的にに尖りきっている部分を利用しているウルガパル構築には、尖りきっている部分が欠点にもなる。しかし、それ以外であれば勝ちを拾いにいける、何重にもカラクリが仕組まれた完成度の高い構築なので是非使ってみむ。


ダブルの応用の記事はまたいつの日か書くので