道中漂流記

将来の夢はそぞろ神

帰納→演繹のポケモン構築理論

厳選が怠かったので作成

 

0.市井の構築理論と環境推察のズレ

 かれこれポケモンを始める10年余り立つ。

その間、あらゆる優れたパーティ構築論が世に出されたが、どの論も根っこから教えることは無く、末葉だけに重点を置いたものであった。 

 例えば、Aが流行るからBを入れろ、という論があったとする。これではAが流行っていることは誰にも分かるものの、その背景が伝わらないし、BがA以外のポケモンに有効であるかの根拠付けも明らかではない。

 一方、これから取り上げる私論は少なくともそういった背景を理解できるだけの潜在能力を秘めていると思う。10年間もやってきたのだ。そこそこ慧眼でなければ、揚々とこんな記事は書かんだろう。

 

1.構築理論における帰納→演繹

 ポケモン構築の要は普遍性にある。世の構築の基本である、流行りのAに対して、対策のBを入れることで環境変化に合わせるというスタンスは実に尤もらしいが私は嫌いである。というのは、定期的にパーティの入れ替えをするのがとても面倒くさいことこの上ないからである。

 一方で、普遍性のある構築を1つ作れば、その点検はだいぶ先延ばしに出来る。そして、このような構築を作る為には帰納→演繹を用いる必要がある。それはどのような内容か?  

 簡単に言えば、全体の内、選んだ集団の中のポケモンの中から偏りを見つけ、その偏り、即ち共通点を抽出する。と言っても、全てのポケモンに共通点が存在することは殆ど無いので、最大公約数を探すことになるが。 

 そして、最大公約数を抽出したら、それらに対する駒aを探し、無事見つけられた場合、今度は選んだ集団内のポケモンとの有利不利関係を再度、具体的に照らし合わせる。すると、どうしても其の駒aでは不利になるポケモンが出てくるはずなので、それらに対して強く、aをサポートできる新駒bを見つける。

 常識的に考えて、このaはいわゆる構築の軸と呼ばれるポケモンであり、またaとbは相性補完に優れた関係である。そして、aとbの共通の溝を埋めるcを見つける。こうして固めていき、構築が出来上がる。

 次の4体目のdは裏エースと呼ぶ。この構築の性質上、a.b.cの何れかが仕事を遂行できずに倒れると、負担が倍増するという特徴を持っている。とりわけ、aが潰れるとかなり戦局が不利に傾く。これは軸を設定する以上は仕方のないことである。故に、dはabcとは独立した、関係の薄いポケモンが好ましい。

 

2.私論の陥穽

 この論にも当然、欠点や陥穽が存在する。

一つは、この論の作成者がダブルバトルを長々とやっていたので、思考がダブル寄りになってしまっている点である。ダブルバトルは場に複数ポケモンがおり、処理速度がシングルに比べ速い。その為、コンボや積み、時間稼ぎといった概念があまり存在せず、有っても滅び、トリルくらいで、ある意味とても単純である。それ故に、これもそういったシングルの複雑な諸要素を度外視してしまっている単純な論である。  

 この陥穽の対策としては、軸のa、補佐のb、aとbの共通の溝を埋めるc、独立したdの他の、残りの2体を対応役に置くことである。シングルならdも不要であるので、その分余裕が出来るかもしれない。

 

3.結び

 本当はこの論を用いてサンムーンの対戦環境を推測したり、ストーリーの評価もしたかったが、体力が底を尽きた。硬い文章を書くと、スタミナの減りが速い。そのおかげか、最後の方は論理が破綻してる。

 因みに軸が一体のみである必要は無く、2体で設定することもできる。その辺りは読者の自由だ。サンムーンの対戦環境が前作のような魔境にならない事を祈ろう。あー、私もカントーに行きたい。では。