読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道中漂流記

将来の夢はそぞろ神

テッカグヤ 一考

 

 gtsで釣り上げた慎重テッカグヤの努力値配分を考える。雪降らし4vロコンと等価とは思えんのだが。

 

1.仮想敵

 主なテッカグヤの仮想敵。それも慎重となると、特殊水辺りとなるが、鋼飛行の耐性から考えると物理受けに徹する方が良いのは明確である。

 

1.ガブリアス

2.ミミッキュ

3.カプ・テテフ

4.ギルガルド、ゲンガー

 

このぐらいだろう。挑発持ちのギャラドスにはどうせ勝てんし、ポリゴン2にも勝てるとは思えない。また、特殊受けにとって電気を受けることは水受けと並ぶ優先事項だが、これも見送らざるを得ないだろう。ナットレイと異なり、不意の格闘や炎に怯える必要は無くなったが。

 

1.ガブリアス

 テッカグヤの役割はガブリアスの除去にある。他の2.3.4はただの飾り、水増しといっても過言ではない程に。後出しで鉢巻ガブに競り勝てるポケモンはそうそう居ない。テッカグヤは数少ないそのポケモンの一種である。

 

実数値 h204b128

陽気鉢巻逆鱗 〜41.1%

 

 これを前提として、宿り木と残飯で受けた場合、3ターンでの合計回復値が37.5%となる。以下、4ターン目の合計ダメージ値は

   82.2-37.5+41.1=85.8%

 

※  1ターン目 後出しして逆鱗喰らう 残飯

 2ターン目 宿り木 残飯

 3ターン目 守る  残飯

 

あ、残飯は3回か。計算ずれてた給た。合計回復量は43.25%だったのかぁ。

  85.8%-6.25%=79.55%が正値。

 

本当は85.8%から鮫肌のダメージの12.5%を加算しても98.3%であり、一回ヘビーボンバーを撃つことが出来るということを述べたかった。鮫肌のダメージも考慮内だということを述べたかった。のだがなぁ。

 

3,テテフ

 

h252d156 球持ちテテフの

     10万+サイコキネシス耐え

 

これは他からの引用。汎用性もある優秀な配分。ただ、控えめ球は上から殴られ易すぎるので、そんなに現実的ではないような。現実的ではないだけで、現実は分からんが。

 同様の配分で、タスキテテフのサイコキネシス+10万ボルト2回を宿り木残飯込みで余裕を持って耐える。

 

 結論 

h252b52d156

宿り木残飯ならば。

余りの6をSに、44をAに。

 

これも現実的であるだけで、現実はどうだか分からん。この一考も飛んだ検討違いかも知れぬ。